マッキーで白髪染めないで

光文社のビューティー月刊誌「美ST」4月号に掲載された白髪隠しの方法が問題となり、公式編集のブログに謝罪文が掲載された。
その方法は、マッキ―で白髪を塗るというもの。特集記事の「発見! 白髪染めを2カ月に1回にする方法」のなかで、ゼブラのマッキ―を白髪染めとしてしようするという記述があった。
しかし、ゼブラに取材や確認などを行っておらず、健康安全面への配慮が欠けているとされた。当然ゼブラはマッキーを、筆記用具として販売している。
編集部のブログには「 『美ST』4月号(2月17日発売)の第二特集「発見! 白髪染めを2カ月に1回にする方法」の62ページにおきまして、ゼブラ株式会社の商品である「マッキー」を白髪染めとして使用する、という記事を掲載しました。しかしながら「マッキー」は、あくまでも筆記を目的として製造されています。頭髪に使用するにあたって、十分な健康・安全上の配慮、およびゼブラ株式会社への取材を行うことなく記事を掲載したことを関係者の皆様にお詫び申し上げるとともに、記事を訂正させていただきます。白髪隠しをはじめ、筆記・描画以外の目的での使用はお控えください。」という謝罪文が掲載されたという。
マイケル・ジャクソンがアイライナーの代わりに油性ペンを使っていたという噂を思い出した。ペン型の白髪隠しも売っているので、マッキーよりそちらをおすすめする。

シャラポワ、大型3社契約停止

女子テニスで世界ランク7位のマリア・シャラポワは3月7日に記者会見を開き、全豪オープン期間中に受けた検査で禁止薬物の陽性反応が出たことを明らかにした。
これに伴い、これまで契約を交わしていた大型スポンサー3社が、今後の契約を停止することを発表しました。
スポーツ用品の大手企業である、ナイキ。世界に誇るスイスの時計メーカーである、タグホイヤー。
ドイツの高級車のメーカーである、ポルシェの3社は、ロサンゼルスで開かれた会見の発表後、5度のグランドスラム覇者である、マリア・シャラポワと距離を置く決断を下しました。