ユニクロが「週休3日制」を導入

ユニクロで働く社員に対し、今年の10月から週休3日制が導入されることがわかりました。
対象となるのは、国内の店舗に勤務する「地域正社員」で、これまでの1日8時間労働、週5日勤務を、本人の希望によって、1日10時間労働の週4日勤務にも変更できるようになるということです。
ユニクロについては、新卒社員の離職率の高さが問題となったこともあり、同チェーンを展開する、ファーストリテイリングとしては、働き方の選択肢を広げることによって、離職を食い止め、人材を確保したいという狙いもあるのではないでしょうか。
この週休3日制は、ワークライフバランスのよい、理想的な働き方のモデルとなるのでしょうか。
このような制度の導入によって、離職率が減るだけではなく、のんびりと休んで充電ができ、働くことに喜びを見出しやすい環境が増えると良いですね。